読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モテる大人になる方法!男の色気は35歳から..

35歳からが本当の勝負!お金・ファッション・体型・持ち物・考え方など全てをあらためて、おじさんではなくカッコいいモテる大人の男の色気を出す方法を伝えます。

モテる男になるために、筋トレとは何か?を知る

f:id:yriwmt:20170211122731j:plain

筋力トレーニングの役目とは?

以前は基礎代謝量の40%が「筋肉から」だと言われていたのですが、

現在では基礎代謝量の約80%が内臓によるものだと判明したとされます。

では筋力トレーニングはしなくてもよいのか?

いいえもちろん違います。

筋力トレーニングの効果

  • 基礎代謝量の向上

  • 血流促進

  • 内臓機能の向上

  • 成長ホルモンの分泌促進

  • 男性ホルモンの分泌促進

  • 姿勢矯正

といったさまざまな効果がみられます。

特に我々男性が注視すべきは、

「成長ホルモンの分泌促進」と「男性ホルモンの分泌促進」

です。

成長ホルモンの役割

成長ホルモンとは「若返りホルモン」と呼ばれる重要なホルモンです。

成長期が終わり、20歳ごろから分泌が減少してきますが、

その働きとしては

  1. やる気の増加

  2. 易疲労感の解消

  3. 筋肉量の増加

  4. 髪の毛の発育

  5. コラーゲンの生成を促進

  6. 脂肪分解の促進

簡単に言えば

やる気が出るから疲れにくくなって、筋肉が増えて脂肪も減らして、肌がキレイになって髪の毛も増やしてくれるホルモンなのです。

男性ホルモンの役割

男性ホルモン(テストステロン)は男にとって夢のホルモンです。

  1. 性欲、性機能の維持

  2. 骨、筋肉量の増大・維持

  3. 生活習慣病の予防

  4. 集中力の維持

  5. 認知能力の維持

  6. モチベーションの向上

  7. フェロモンの生成

こちらも簡単に言えば、

男のこれからの人生にとって必要なもの全てが含まれるホルモン

なのです。

f:id:yriwmt:20170211122754p:plain

http://www.loh.jp/about/02.html

  

この2つのホルモンの作用だけで筋力トレーニングが必要なことがわかりますよね。

筋力トレーニングのルール

1セット10回が限界の重量で行う

筋肉には速筋と遅筋の2種類があります。

筋肉を大きく魅せるには速筋を鍛える必要があり、

軽い重量を50回も100回も行うトレーニングは

遅筋のトレーニングになってしまいます。

10回で最後の1回は崩れてしまいそうになる重量で行うのが重要です。

その10回目からのプラス1~3回行うことが

「オールアウト」全て出し切る!!です。

これが筋トレのだいご味であり、筋肉が悲鳴をあげる瞬間です。

ただし、トレーニングを続けていると「慣れ」がでてきてしまいます。

あくまで筋肉を大きくするには「オールアウト」が重要です。

慣れを起こさないようにトレーニングの種目を変えたり、

徐々に適正重量を挙げるようにしていきましょう。

フォームを意識する

これも重要です。

筋力トレーニングの禁忌としては、「反動を使わない」

いわゆる「チーティング」はしてはいけません。

フォームが崩れる事は、その筋肉に大してアプローチ出来ていないだけでなく、

ケガの原因にもなります。

始めのうちは特にフォームを意識して行うのが良いでしょう。

大きな筋肉から行う

小さい筋肉からトレーニングをしてしまうと、

いざ重要な大きい筋群をトレーニングする際に

先に小さい筋群の疲れが出てしまい、

「オールアウト」する所まで行けません。

スクワット→カーフレイズといったように

順番を考えて行うようにしましょう。

短時間で終わらす

筋トレは「無酸素運動」です。

何時間もかけてやってしまうと、それは

「有酸素運動」となってしまいます。

1時間弱ぐらいの短時間で集中的に行いましょう。

週2~3回でよい

筋肉が肥大するのは、「超回復期」です。

筋肉をつけたいからと言って過度なトレーニングを行うと、

慢性的に疲労が蓄積する「オーバートレーニング」状態になってしまいます。

しっかり食事を摂る

筋肉を生成するために重要なのがタンパク質

そして、タンパク質が筋肉になる補助をするビタミンB6

基本的に我々日本人はタンパク質の摂取量が低いです。

だから足りない分プロテイン等のサプリメントで補助するのです。

特にトレーニング後はしっかり意識して摂取するように心がけましょう。

あと、痩せたいからといって炭水化物など糖質を抜くのはNGです。

筋肉を動かすエネルギーになるのが糖質・炭水化物です。

さらに脳のエネルギーも糖質ですので、過度に糖質を制限してしまうと

集中力がなくなったり、倦怠感をかんじたりしてしまいます。

男らしい筋肉をつけるためには1セット10回が限界の重量で週に2~3回短時間で行い、食事は抜かずにしっかり食べましょう

広告を非表示にする